since 2003/12/1



 
 2024年 神舞
今までの情報は荒神をタッチしますとリンクしてますので、
どうぞ~!
以上は2020神舞時の動きでした。
今2024神舞の準備に有志が取り組んで
居りますので、これはご参考まで~。
(2023/8/16)

あしあと 花の写真集 神舞の話
更新2023/6/2


2016年(平成28年)
更新2016/6/18
英文あり



アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2020/05/30

2024/02/23 : 更新 2024・02・23 : 撮影
遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

ホトケノザ 遠くまでよく見通せます。


細い路の写真(2月18日))



ブログの更新しました。
(2023 ・12・1)

 
     
 
        ホームページ開設20年経過の朝を迎えて~

               



2024年02月23日 ; 曇り のち薄日
   ”天皇誕生日”
今日は陛下のお誕生日、おめでとうございます。
穏やかな表情のなかで、ゆるがぬ眼力の大きな御心を感じるのですが、国家元首としての貫禄でしょうか~。
”平和国日本”として世界の冠たる国の象徴として、いつまでもお元気で君臨していただきたい~ですね。

その平和のお陰で私は今日もゆっくりと風景を眺め、食事も自前ではありますがおいしく食べて、健康の有難さを感じつつすごしています。


 











2024年02月22日 ; 曇り
 今日も暗い一日でした。日本中が何やら有って、平穏な世情と言い辛い所が残念ですが、このまま 何とか過ごして行って、明るい春を迎えたいものです。

今日も変わりばえの無い写真で申し訳ないです。明日は外歩きしてみたいと”青天”を期待しています。



















2024年02月21日 ; 雨
雨が降り続いています。強く~弱く~、それこそこちらは、降れ~フレ~フレ~・・・なのですが。

パソコンは今日はお休みだ~!で、室内や台所の整理に取り組んでいたのですが、それにも飽きてしまって、遅くなった昼食を終えて、ぼんやり❓テレビ見てたのだけど、やっぱりホームページの更新しなくては~と二階に・・・・。
最近暗い写真が~嫌?になって~・・・・。先日は違う日付の晴れた写真を使って見たのだけど、後日見た時に「アレ、晴れてた?~」なんてついつい惚けてしまって・・・「やっぱりまずかったナ」と雨で霞んだ海を眺めながら・・・、なのに書く言葉が出なくって

ここまで書いてたら電話の音・・・・。

なんと、郵便局時代の旧友から・・・・。「今、テレビに出てるゾ!」「えっ、君が~」『違いう、、お前だ」
山口朝日Yabで昨年収録した”コッコー”の放映でした。

コッコーは、和名シマナシカズラと呼ぶのが正しいのだそうだけど、祝島では「こっこー」。
不老不死という神仙説ならではの言葉。コッコーでは長寿を飛び越えて不死なのです。
秦の始皇帝。。、徐福の来島説もあるという。二千二百年もの昔話を伴う、たまげた話。

再放送は無いとのことだけど、どなたか録画されていたらと虫の良い話。、

今日は写真のパソコンへの取り込みが、何とか叶って来たのでのんびり~とが、急に電話応対でバタバタになりました。・・・・・??











この下に薄く大型のタンカー船が・・・・。ハハハ、見えませんネ





2024年02月20日 ; 晴のち曇り
思わず・・・・・??
昨日のPM2:00頃の突如の嵐~春一番の通過だったようで、夕刻のニュースを見て納得!。

今朝の”べた凪”は海岸通りに立って~~見事に凪でした。萩や下関は強風だというのに・・・・。
でも、午後には、霧がかかって見通しは悪く海面は左(西)から右(東)へと大きく動き出しました。
明日からは真冬並みの寒波だとか、”お手柔らかに願いたいですね、雷さん!”


先ほどまではこんな静かな海面だったのに~










2024年02月19日 ; 大雨です!
町役場の水道係さんが懸命に節水を呼び掛けていたのですが、この位降るとニンマリ~かな?!
 南東風が昨日からかなり吹いていたのですが、今は”風の神さま”はお休みされているのかな。 
   ^0^

パソコンでの写真の収集が回復傾向なので、あと少しすれば面白い写真が羅列できそう。
スマートフォンの写真もきれいに撮れるのですが、注意しなけÞれば画素数が高いので、メモリーが満腹になって通院騒動が熾(おこ)りそうで、ちょっと怖い~。

雨雲が深く垂れこめています。うっとうしいので先日撮った明るい
のを御覧ください。

     ”所が、ところが~”
そんなのんきなこと書いてたら・・・急に雨音がし始めたので窓外を見たら風が強まって来て、雨も~。
港内も風が奔り、大粒の雨が踊っています。~Pm:2.00~




























2024年02月18日 ; 探しても雲一つなしの快晴
今日は快晴、明日から雨。、あすは”二十四節気”で”雨水”。ぴったりかな?!。













2024年02月17日 ; 快晴
今日は祝島小学校の学習発表会。招待受けましたので、久しぶりの登校でした。

ハキハキ~!、しゃんしゃん~!で、よく出来ました。






















2024年02月12日 ; 曇りのち晴
お昼を境に急速に凪いで来ました。それにしてもよく吹きました。
今、もうすぐ四時、昼前までのあの強風はいずこへ~・・・。

今朝の日の出時刻は、午前7時ジャスト。大分明るくなりました。
















      02月11日 :天候不良
姉が電話して来て、「あ~よかった、元気だったのね・・・。更新がストップしてたから。」

「うん、スマートフォンとノートパソコンと、私のご機嫌を取ってくれない。」
「そう~、叱ってやろうか~」についほろり。












zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
何時も、等間隔に並びます。何でぇ~~?

2024年02月06日 ; 雨のち曇り
今日も時化模様かと思っていたのですが、夜が明けてきたら一旦雲が優勢になって来て、やはりだなぁと覚悟したら、あっという間に青空が広がって、風波も治まり、「アレ~」でした。静かに刻が流れています。














2024年02月05日 ; 雨のち曇り
港内の海水の色は変わりませんでしたが、久し振りに雨降りらしい雨が降りましたが
もう小降りになってしまったので、今度は寒くなるのかな~。











2024年02月04日 ; 曇り
雲に覆われて薄暗い時空が流れています。
前線が四国沖合に停滞しているので、祝島は北東の風で波が防波堤を洗っています。














次第に明るくなって来ました。皇座山は帽子を冠っています。


2024年02月03日 ; 曇り
今日は「絵はがき教室」の予定日なので、いわい第Ⅰ便で出かけました。
きれいに晴れ上がっていて真っ赤な朝焼けでした。






2024年02月02日 ; 曇りのち
昼過ぎ、単車が冷えるとかかりにくくなるので三浦湾まで走ってみました。
やはりすぐにはかかりませんでしたが、粘り強く始動したらやっとブルルン~と音が繫がり出して、それで湾までひと走りしました。連続して時々は乗らないとちょっとフラフラしました。











2024年02月01日 ; 曇り
雲に覆われて薄暗い時空が流れています。
久し振りの在宅ではないのですが、訪ねて来た人が有ったりでついつい時間が経過してしまい、もう夕方近くになってしまいました。
いろいろしたいことが有るのに無意味な時間ばかりが経過してしまいました。

もう二月になりました。先日の寒波で身体が萎縮してしまって、この方が大事なのに気力も減退してしまったようで、パソコンやスマートフォンの進化に振り回されてしまいました。
一から出直したいのだけどちょっと無理だな~、まぁ出来るように頑張りましよう。











うっとうしいので先日撮った写真で気分一新をしました。











2024年01月29日 ; 晴れ
久し振りの?静かな朝です。それにしてもよく暴れた天候でした。寒い日が続きましたので、今もたっぷり重ね着が癖になってしまいました。
国会も始まり、喧々諤々ですが、どなたも隠し事がばれては言い訳に懸命ですが、議員さんって、秘書に任せ会計さんに任せ、ご自分は国政に集中してたとかおっしゃっているけど、それで良いのだと思われているのでしょうか・・・。















2024年01月28日 ; 第二報
午後からは、時折積乱雲が張り出して来て、普段は北西から流れ出して来るのだけど
(今日は珍しく北東の皇座山を越えて)大きな雲の塊が押し寄せて来てはパラパラと大粒の雨でした。夕方ごろには雲ばかりでしたが・・・・。








↑  ワニ~か、龍~か???


2024年01月28日 
; 曇り一時雨のち晴

目まぐるしく天候が変わりました。
予報を素直に聞き入れて洗濯物を室内に干したらなんと急に暗くなって
雨がパラパラと・・・・。

スマートフォンとパソコンとの調子が整わず、撮った写真が行方不明?になったりで、
先日から振り回されています。

皆さんには更新して今の祝島を見ていただこうと頑張っていますが、
もう少し時間?が掛かりそうなので、下記の写真は昨年の秋の場面で恐縮ですが、
ご了承ください。

























2024年01月25日 ; 暴風波

「北陸地方の災害を想えば,二、三日のこの位の暴風寒波を恨んではいけないよと言い聞かせながらも老体?が恨み節なので、私も変な所で「先が長くはないな~」と痛感しています。











2024年01月24日 ; 暴風雪
耳慣れない”暴風雪”という予報がとうとうテレビから消えませんでした。
予報通り風は強くというよりか暴風で、しかも雪が一日中下から上に舞うという、幻想的?な風情の中で、これも普段はあまり体験しない大寒波でエアコンの部屋の中でストーブを焚くという、散々な一日が昨日から続きました。












2024年01月23日 ; 曇りのち風雪
突如三時頃から雪が・・・。それがだんだんと積り出しました。子供の頃には雪がちらつきだしたら、跳ね回って喜んだものでしたが~!









2024年01月22日 ; 強風
昼頃から「雨だ~!」とかですが、集落前の海面は割と静かに?刻が流れています。
なのに、白井田沖合の叶島は望遠レンズでは大波に囲まれて~












2024年01月21日 ; 晴
雨が上がって綿帽子?に覆われてますが、風が強まって来ました。かなり吹くのかな?。






ぼんやりと皇座山を眺めていたら、突如旅客機が出現して・・・



2024年01月18日 ; 晴れ(薄く雲が広がっています)
昼頃から「雨だ~!」という予報なのですが、静かに刻が流れています。










2024年01月17日 ; 晴れ
室津の二階の窓から撮りました。









2024年01月16日 ; 晴れ
雲がやや優勢です。すっきりしません。










小山地区 : 突き出した岩を洗ってました。







2024年01月15日:第二報
どんど焼きの様子です。世帯数減少の現象でしょうか。
処分数がめっきり減ってしまいました。

















昨年の崖崩れの際流れ出た雑木が立枯れしてしまいました。
東北大震災の松によく似ていますね。



2024年01月15日:晴れ
夜明けまで小雨が降ってましたが次第に晴れて来ました。
風も割と静かで、そうした中で神明祭りもゆっくりと進行出来ました。





















2024年01月14日:晴れ
絶好調とは申せませんが珍しい?好天気です。明日は神明祭、どんど焼きをするそうですが好天が続きますように~~!。















2024年01月13日:晴れ
朝日が輝きましたが、雲もなく良く晴れた一日でしたが、寒くって困りました。









2024年01月08日:晴れ













2024年01月07日:晴れ

やっと写真の移動貼り付けが出来るようになったのですが、まだ少し変です。
写真の保存場所が少なくなったというコメントが今朝入ってのですが
その所為みたいなのだが・・・。
つい一ヶ月前にはローカルディスクの空きが不足していてひどい目にあった。
やるたびに結果が違っていて、何度もやりなおした苦い思い出が、
今度もかな~?!。








2024年01月06日:晴れ





2024年1月05日:晴れ




2024年01月04日:晴れ
  





2024年01月02日:晴れ
昨日は雲が多くって、初日の瞬間が撮れなくって、皆さんとても残念がっていましたが
今朝はパッチリでしたが、残念ながら日の出の参拝者は居られません?でした。





2024年、初就航です。上関瀬戸を渡る”いわい”。








2024年01月01日:曇のち晴れ

明け
ましておめでとうございます!!

皆様のご健勝とますますのご多幸をお祈りいたします。
本年もよろしくお願いいたします。




















2023年12月22日:曇
時々晴れ
窓から眺める風景は西から東へと運ばれる白波が占領しています。
日本中が猛烈な寒気に包まれて、連日のニュースのトップを飾っています。

二番手は繰り返される戦争災害で、逃げ惑う戦災の被害の状況がこれも繰り返し繰り返しです。
第二次世界大戦の戦禍の反省から設定された「国連」。国連があれば戦争は未然に防げる、世界の平和は守られると習った子供時代。
それがどうでしょう、争いを止めるべき立場の人が戦争の当事者になっている。煽って戦争を続けさせている。代理戦争が公然と遂行されている。加担が両方にあるのだから争いは止まらない。

なんて書いていても、それは平和のためには、なんの力にもならない。
”悲憤慷慨ひふんこうがい”したって誰も立ち止まってはくれそうもない現実。








2023年12月21日:曇り
定期船が出航の頃はまだ薄暗い。
時化であっても、黙々と人々の足を守ってくれる。感謝しなければ・・・・。
強風に逆らえぬので、後ろ向きで後ろ向きで第二便は出航した。










2023年12月20日:曇り時々晴れたり小雨
北西の強・弱風に悩まされています。それに寒さも加わって大変です。



先日、「正月用の迎春輪飾り作りをするので幣の切り方を指導して欲しい」との
連絡が有って、久し振りに学校に上がりました。
五年生が二人という小規模校にアレッでした。
自分が六年生の時(昭和28年)には約500人の児童が居て
そして自分の子供の頃には100人前後の児童数だった。
で、私がPTA会長時に始めた新年早々の餅つき大会には、三世代交流と名うって
老人クラブのおじいさんやおばあさん達も大挙参加してとにかく賑やかで
皆んなニコニコだったなぁと思わず回顧に~。
しかし今回は、ドイツから参加があって”国際色”豊かだなんて笑い合いながらの
楽しい、ひと時でした。








2023年12月15日:曇り
昨日は昼過ぎからぼつぼつと降り出して、屋外作業は中止を余儀なくされてしまいました。
道の駅から注文が来ているコッコーをもぎ取って出荷作業が遅れてしまって今日の昼になってしまいました。今年は夏の日照りの影響で玉が小さいのですが、特有の酸っぱさは十分なのですが、ハテ~。

今にも降り出しそうな空模様ですが、なかなか降りませんね。













2023年12月14日:晴れのち雨
夜が明けて海岸通りに出てみると小雨でしたがゆっくり上がって行きました。目まぐるしい天候の変化で、昼前から曇って来てやがて雨になりました。












                 2023年12月12日:晴れ
夜が明けて海岸通りに出てみると小雨でしたがゆっくり上がって行きました。
西風が吹き付けてくるはずなのですが”いわい二便”が帰って来ましたがまだ風は弱くです。













2023年12月11日:雨
大雨では有りませんでしたがやはり予報通りの雨降りでしたが、倉庫を借用してたので、誰もが雨を気にすることなく作業に集中してくれました。わいわい言いながらの作業ですが順調に仕上げてくれました。














2023年12月10日:晴れ
行者堂のしめ縄作りの事前準備~予定日の11日が雨の予報なのでわらの衣をとるために「ヨコロ」で藁を打って事前準備をしました。手に堪える作業なのですが、リズムカルに膝で調子を取りながらナカナカに上手く作業してくれたので、短時間で終わりました。







2023年12月09日:晴れ
所用で出かける従兄を見送りに桟橋まで出ました。
まだ陽が登らない時刻です。何時もなら風景を見渡す暇もなく乗り込むのですが、今朝は見送りだけですので少しのんびり心境でした。寒い風も吹かずこういうゆとりもちょっと”いいな~”でした。

写真の撮影も、PCへの取り込むのもどうにか滞りなく操作できそうです。
やっとやれそうで、ヤレヤレです。それにしてもスマートフォンの進化が想像以上で取り扱い説明書を読む余裕が無いので今後が心配です。

















2023年12月08日:晴れ
ここ十日ばかりの間、お天気は変わり続けて、残念ながら翻弄(ちょっと大げさ?)されましたが、昨日から次第に静まり、今朝は玄関の戸をソロリ~、風が吹き込んで来ないので、思わず~ヨシ!~。
昨日からもぎ取り始めたコッコーの実を収穫して道の駅に届けたいのだけど・・・上手く進むかな.?。

今朝は何度もぐるり~グルリ~と見渡して見ても遠くの島陰の上にも雲一つ見えなくって完璧な秋晴れです。イヤ~、11月8日が立冬だったのだから、~冬晴れ~というべきかも・・・。
それとも~小春日和~。???。





















2023年12月07日:晴れ
列島を通過する前線の影響で不安定な天候の一日でした。
昼までは御覧のような雲の塊が次から次へと流れ込んで時折小雨が顔に当たったりしましたが、午後には晴れて来ましたが風はいつまでも吹いてます。










  手前に白い点々が写ってますが
昨日はカモメの大群が防波堤に屯してまして、イワシの群れが近寄ってたのでしょうか、
ところが日暮れとともに姿を消しました。どこへ行ったのだろうか?。
イワシがいるとヤズや鯛、ハマチなど釣れるのだけどな~。





2023年12月04日:晴れ
師走の寒さは身い浸みるなぁと思っていましたら、今日はきれいに青空に晴れ上がって、先ほど外に出て見れば、お日様の温もりを感じました。

                        室津港    







2023年12月01日:晴れ

晴れって言いたい所ですが雲が優勢です。












2023年11月30日:晴れ
晴れって言いたい所ですが雲が優勢です。
次々と流れ込む寒気の影響で上空の大気が不安定になってるようです。遠くは白波が踊ってるようですが、西風なので風の流れが集落の背中にあたるので、
集落前には島の裏側に当たった風が回り込んでくるのでなかなか白波になりませんが、やがて北寄りになってくると北西側から風が強まって来て、白波が防波堤に打ち付けて来るように変わります。
雲の切れ目から陽がこぼれると温かさを運んでくれるのでなんだかホッとします。


  北西の空


↓  西の空


↓  南の空


  南東の空


↓  東の空





2023年11月27日:秋晴れ
今日も嬉しい秋晴れ日和になりました。でもせっかくの秋日和なのに出漁する船が少ないので、獲れた魚を漁協集荷船に持ち寄る漁船の姿がないのが寂しいですね。

ふりょうと書いて変換要求したら不良が何度やっても出てきて、【不漁】がないのにびっくり。で、ふ不として、続いてりょう漁としたら漁が登場してきて、今度はふりょうと書いてやっとに不漁に変換出来るようになりました。
思えばこのノートパソコンを購入してかれこれ5年、不漁という言葉が要らなかった。???

港内を見渡しても漁船の姿がちらほらですが、その少ない漁船が出漁しても漁がないと言って出ない。
出たら燃料代が赤字になる。って。
この不正常な現実が続くのでは島の生活は厳しくなるのですが・・・・。








2023年11月25日:秋晴れ
昨日は次第に風が強まって来て夜に入っても相当に吹き荒れました。
今日は段々とおさまってきて、”日向ぼっこ”が気持ちよく、いらだつ心をを癒してくれました。

ここの所、修復中のパソコンに新しい容量の大きい部品を入れて調整していたのですが、夕方深くやってみても上手くいかずやや気まずい夕食でしたが、食後風呂前にもう一度やり直してとパソのまえに座って“ヨシッ~”と気合い入れて、食べながら思いついたキーを押したら、なんと~期待してた場面が展開してきて、思わずガッツポーズでした。

今日の更新は何とかやれました。
明日の幸運を祈って風呂に入って体を温めたいと思います。
これで半年余り悩まされた”あれやこれ”から解放されたいと願う次第です。












2023年11月23日:秋晴れ
昨日に引き続いて秋晴れの心地好い涼風で身も心もリラックスです。
「こういう日が続くと嬉しいなぁ~」と窓下で大声交わす言葉を聞くと、 「”そうだ、そうだ!”」と窓から身を乗り出して相槌打ちたいけど、ビックリさせるのも面白いかも~。
漁帰りのおじさん達の海上で鍛ええたしゃがれ声が懐かしいですね。

休日だと何時もは聞こえてくる子供たちの声が飛んで来ないなあと思ったら、今日は集まって、体育館でふれあいの運動会を開くとか言ってたので、そちらで飛び跳ねてるのかも~。

今年も残り少なくなりました。毎度のことなれど、今年は何もかも不出来で終わってしまいそうで、少なからず大慌てなのですが、春ごろから調子が取りにくくなったスマートフォン。

祝島に置いてあるデスクトップパソコンが呼応したかのように突如立ち上がらなくなって、そして使用不能になってしまいました。仕方なく?2機在庫していた、Windows10のホコリを払って使用開始したのですが、10は使い難いのでわざと使わずにいたのですから、直ぐにお手上げになってしまって~・・・。
使ってみると二機ともに上手く使えない。そのうちにローカルディスクが両機ともに満杯になっていて、懸命に正しく使っても異常のシグナルが出てはやり返しの繰り返し。ホトホト~~困りました。
その間を縫うようにスマホがヘンテコになって、今度は「押すのではなく滑らす」という新しい機種に~・

撮った写真がリアルタイムにPCに転送されるという利点で取り替えたスマホなのに、うまく働かない・
結局祝島フォト情報の更新がメチャクチャになってしまって現在に至ってしまいました。

 そんなホームページを辛抱強くアクセスして下さいます皆さんに、心からお詫びを申し上ます。
 ローカルディスクも最大容量のを設定しました。鋭意取り組んでいますのでしばらくお待ち願います。






2023年11月06日:曇りのち雨
突風、雷雨という触れ込みなので朝から心支度は出来てはいたのですが午後に入ってからザァ~と大きな雨音に驚かされています。
聞けば明日朝まで風波が強いとか~。
午後に入り次第に風波強まり、傘が差せないほどでした。





”南東風”が強し~ 西(白井田)周




2023年11月05日:晴れ
今朝も穏やかに晴れ上がった朝でした。

昨日までAO機器の不調に悩まされ続いてホトホト参りました。  ><;)
𠮟ったって順調に動かない精密機器を征服出来た~なんて粋がりたいところですが、知人たちの正確な対応知識に敬服です。私の知識は知識とは言い難い~と反省しています。





















2023年11月04日:晴れ
AO機器の不調に悩まされた十月でしたが、ようやく順調に更新出来た?ようです。 ^0^)



いわいが室津についた時引き上げました。大物でした。







見かけ以上に美味でした。  ”車エビ関天丼”


2023年10月31日:晴れ
AO機器の不調に悩まされた十月が最終日となりました。
スマートフォンも思うように動いてくれず、PCのローカルディスクまでが容量一杯だと表示されたりで、機種に弱い自分がやけに目立って来て散々の日々でした。

友人曰く。「人間は怒れば多少は改良出来るけど機器は怒って叩いても、定められた行動しかしないぞ」と。分かっているつもりでも”私の思いを汲み取れ”なんて無茶を発散しては行ったり来たりのストレスの渦巻の渦中でした。

友人の協力で今日は何とか更新が出来ました。”ありがたい”ですね。
これから室津に渡って、室津のPCと格闘?します。









2023年10月30日:晴れ
西日本は今日も好天です。
祝島はお陰で平穏に?~と言ってよいかと思いますが、各地ではイノシシ、クマが張り出してきて、それに殺人や誘拐、交通事故とニュースがバラエティーで、これは自慢になりませんネ、
外を見れば、ウクライナ、イスラエルと戦争状態の悲惨な状況が映像で心痛みますが、打つ手はないのでしょうか~。











2023年10月29日:晴れ
室津のパソコンも不調になってしまってお手上げ状態です。祝島のも今一の状態です。
頭がパンクしてしまいそうで ” ん~! ”と唸っていま






2023年10月22日:晴れ
今日は恒例の山道の整理行事が行われ、私達は昨年に引き続き三浦地区の担当場所に行き作業しました。今回は男6人で頑張りました。あとで振り返ってみて綺麗になっているのお見ると少人数でも頑張ると”頑張った甲斐があるなぁ”と大いに満足しました。









2023年10月20日:曇りのち晴れ~曇り
~一時雨

起きだして海岸通りに立つと、顔に雨が~・・・・アレッ、もう降り出したと思いながら朝食に入り、しばらくして出てみると雲の空切れ間があちらこちらに~。
やがて青空が広がり日が差して、その所為ではないのだろうけど不調だったパソコンが動き出して、これは良き日に様変わりか~と笑みが浮かんで来たのだけど、すぐに雲が優勢になり、ア、ラララ~。
今度は西風が海面揺らし白波が広がって来て、なんだか冬景色が一気に広がってしまいました。
そして今は、祝島上空は寒気?の吹き出しに乗ってか白い雲が忙しく南西に」向かっています。北側は晴れて青空です。














2023年10月19日:晴れ
青天も今日までとか~。秋がそこまで来たかのようで、半袖ではちょっと肌寒い。











先日の”中秋の名月”の時に撮りました。




2023年10月16日:曇りのち晴れ~
久し振りの祝島での朝を迎えました。東の空には大きな雲の塊が点在して日の出を遮っています。
今は風もなく凪ですが風が起こりそうな雰囲気が漂っています。
しばらく祝島不在が続いたので、やりたいことが集まってしまいました。

ボツボツでは間に合わないみたいなので、気合い入れて頑張りましょう !‣・・・












2023年10月06日:晴れ
連日出かけていたので、明日も用事で出かけなければならないので、とりあえず帰島しました。












2023年10月05日:晴れ
角島まで上関町文化活動連絡協議会のバス研修会に参加して出かけました。

弁天池の水が澄み切っていました。角島大橋や日本海のスケールは、やっぱりデッカイ。

❓  スマホで撮ってるのですが
写真の粒子が荒れてるように見えて、カラーも原画ではもっとすっきりしてるのに
   ホームページにお貼り付けると、こんなに見苦しくなるのだけど何故なのか~、
どなたか、アドバイスしていただけませんか~。
写真にプリントしてみると、カメラ撮影のと違わない、むしろ綺麗に見えます。、


























2023年10月03日:曇り
月が替わりはや十月となりました。
相変わらず暑い日が続きましたが今朝はちょっと違ってましたね。
三時過ぎ目覚めたのですが、肌寒く、とうとう起きだして押し入れから、毛布をと思って下のほうに手をやって引き出そうとしたら、肌布団の中くらいのが引き出されて「アレッ」と思いながらそれに取り替えたら丁度良かった。見れば温度計は21℃でした。














2023年9月30日:晴れ
昨夜の”中秋の名月”の興奮の余韻が残っています。
真っ赤に燃えた月が突然のように現れて・・・・、カメラのセッチングをしてなかったので大慌て~。
手持ちではシャッター押すと手振れを起こしてしまって、拡大すると”ん~~!!"。
その失敗を今朝も引き摺ってしまいました。 ><;)












2023年9月29日:晴れ
大きなお月様がゆっくりと顔を覗かせました。
待機していた方達から歓声が上がり、ウサギさんがぴょんピョン跳ねたようでした。
こんなに晴れ上がって満月を迎えるってあまり記憶にありません。
スマートフォンで撮ったのですが、写しにくくって慌てましたので余計慌ててしまいました。


879







月明かりでフラッシュライト無しで撮ったのですが優しい出来栄えに満足でした。

撮ったのですが









2023年9月28日:晴れ
好天候に誘われて、ぶらり散策。月明かりに浮かぶ四階楼が一段と素敵に見えました。











2023年9月27日:晴れ
この時期、例年で言えば八月に入ると、雨降らして来た南東の風が北東からに代わり涼気を感じる風に代わるのでしたが、今年はいつまでも南寄りで湿気を含んで北上しては列島各地に雷雨雲が展開しているみたいですネ。
けど今朝は北東空は雲がぼんやりで入道雲が見えません。中国山地も猛暑日、真夏日と予報がならんでいます。自宅は網戸で時折流れ込む潮風で涼気を味わっていますが、今だ短パンに半袖Tシャツで涼しい?顔をしています。
先ほど気が付いたのですが、山肌がちょっと色付き始めたようで自然界は季節が移ろい始めてるようですね。八月九月が長すぎたのかな・・・・?!。















2023年9月26日:晴れ
薄く雲が広がっていますが日差しは有り、風が流れて涼しくなって来たなぁと感じていたら、塊?となって流れ出しました。強まるのかなぁ。
あの暑かった夏が過ぎって行くのだろうか?。山を見れば木々が時折大きく揺れています。

    皆様へ
     何とかPCが思うように動いてくれそうです。
     明日から頑張って更新していきますのでよろしくお願いいたします。











2023年9月19日:晴れ
アっという間もなく一週間を数えてしまいました。じゃぁ何したの〜と思うとあれこれでして、:::日にちが経ってしまうと週初めごろはスマホのカメラが不調で、週中は法事で呉市の姉宅へ、週末は疲れが出て体調からか食欲がなくなってぼんやりと時計を見上げては過ごしてしまいました。








彼岸花


2023年9月12日:晴れ
今日も朝からこの間から故障?!続きのノートパソコンと対峙しました。
デスク型からいきなりノートに、しかもWindows10なので、戸惑いが多くて泣きたい心境です。
写真の扱いが多いので、スマホで撮った写真がPCに転送されるようにと、即時にが特徴だったのだけど、上手く流れなくなって、もうひとつの方法に切り替えようとしたら、なおさらにスムーズに行かなくなって、パニックに近い症状になってしまいました。

とりあえず更新をします。下の写真は二度目でゴメンナサイ!。
二度目です







2023年9月08日:晴れ
祝島は今日も天候も人々の営みも平穏に流れて行きそうです。
私は今日8日(金曜日)はゴミ出しの日なので昨日昼に帰島しました。終えると
九月に入りました。( これを書きだしてからなんともう4日目 )









2023年9月7日:晴れ
ニッポン国は台風に取り囲まれてしまったかのようで、どこかで嵐、豪雨でNHKさんは大変だな~なんて、困った気象情報続きで、澄み切った青空がなんだか不似合いな状況です。 

補聴器の聞こえが悪くなって、お医者さんの勧めもあって機種を変更したいと今取り組んでもらっているのだけど、色々と症状に合わせてもらえるようなのだけど、補聴器の機能は格段にせっかく高まってるのだけど、肝心の耳の性能が下がってる中でどの程度カバーしてくれるのか、祈りたいような心境です。
第二便で帰島しました。

鼻繰島の灯台










古くからの知人が梨を贈ってくれました。
家内の大好物でしたので早速お供えしました。
(申し訳ありませんが、友人達からのリクエストも有って故人を搭載しました。)





2023年9月06日;晴れ時々雨
夕方近くで突然の雨、夕焼けを楽しみました。









2023年9月04日:晴れ
九月に入りました。( これを書きだしてからなんともう4日目 )

何時もなら北寄りの風が秋を連れてくるのですが今年はやはり少し違っていますね。
南方海上は台風が台湾を通過し、北は関東から東北地方を熱低になった台風が雨をたっぷり降らしながら北上して行くようです。

祝島は最初に大きな崖崩れで「これは大変なことになったぞ〜」と身構えたのですが、雨も風も避けてくれてやれやれでした。盆の賑わいも一時的で海岸通りも、今昼下がりで人影もなく寂しい限りです。
沖合を通る本船(大きな貨物船)のほうが沢山に通行してます。 ><;)


















2023年(令和5年)8月までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。

 
 現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

リンク
「祝島ホームページ」
おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い)
祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
         

 
上関町今日明日の天気
山口の雨雲の動き(レーダー)