since 2003/12/1

2018・04・21:撮影 2018・04・22:撮影
今日の風物



二階の窓から

トキワツユクサ
南の空から変わった雲が・・・・。
         

                  
              ここは何処でしょう?(04) (04月05日)
                       
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓

4月22日:晴
昨日は参りました。
タコツボを引き上げたり、アナゴカゴを入れたり〜と午後の作業を予定していました。ところが他の用事をして出かけるのが1時間ばかり遅くなったのが、大失敗。
少し風が強まって来たな〜と思ううちに白波を伴って突風気味に〜。
治まる気配もなく・・・。まったく残念でした。急ぐ用事でもなかったのに・・・・。

今朝は、そんな話は作り話と言わんばかりにベタ凪ぎ!。光ってる〜。(ア〜ァ!
でも昨朝のような青空でなく薄い雲があちらこちらで舞ってる?。
明日からは時化もよう〜〜。
今日は早めの行動をしましょう。明日は家内を病院に連れて行かねばなりません。


















4月21日:晴
真夏日の日差しが照りつけています。
今年もUVカットのクリームつけ忘れてしまって〜〜。もう焼けてしまいました。><;)
昨夕、こんなベタ凪ぎが有ったのかなと思ってしまいましたが、夏が来てる証かな。

午後南風がやや強く吹いてきました。これも夏〜?。












日差しは夏









4月20日:晴
暦見れば「穀雨」ということですが、今日もよく晴れました。
移動性高気圧の圏内だと雲ひとつない晴天です。

人間社会は県知事さんも不祥事で辞職騒動、首相の訪米も、差し引きゼロ〜か?。
自国第一、国益優先〜となれば、さすがのわが国の首相も、笑顔を振りまいていましたが眼はうつろ〜?!。衆議院解散、総選挙という活字が出たり消えたりしてますが、そうなると「自分第一」のレッテル貼られそう。二大政党が切磋琢磨する政治が理想だと思えるのだけども、「1強」という政治体制がどうして生じたのだろう。「小選挙区選挙制度」が日本には合わないのかも?。










今朝はa.m4:30起きでした。”眠たい〜!”









4月19日:晴
よく晴れました。少し西風が吹いていますが、天候を変えるようなものではありません。
次第にないで来そう〜。
青空が広がっています。その青さが濃くって、海面が紺碧色。
人の世もこうあれ〜と言いたいけど、人生いろいろ。

レスリングのパワハラ騒動が治まったかなと思っていたら、今度はまた行政が人騒がせのセクハラ。とうとう更迭されてしまいました。
誰もが「聖人君子であれ」とは言わないけれど、これも形を変えた「忖度〜?」を期待してなのかな?。














4月17日:曇り
曇っています。下り坂ではない見たいですが、「また時化か〜」とトラウマ?。

広大病院に予約しているので出かけます。明日もお医者さんなので・・・。
それにしても受診が多い〜。 ><;)



4月16日:晴
今朝は風が凪いで、静かに夜明けを迎えました。
昨日の強風は何処に行ってしまったのでしょうか。

人間社会でも所得格差がますます広がっていびつな構成に移行してるようで・・・。
ここは政治の出番だと痛感するのだけども、行政も本来の趣旨から外れてしまって、良い意味での忖度がなくなってきてるようで、弱者はますます苦労がかさむような社会出現となりそうですね。


















4月15日:晴
昨日の春の嵐〜一変して晴天に。

室津邸の庭の片付けをしようかとも思ったのですが、まだ濡れているのであきらめて祝島に第2便で帰りました。こちらはいろいろとやりたいことが多くって「さぁて、どれからやろうか」と思案中。腹が減ってきたので食べながら決めましょうか。











”いわい”の船窓から:室津港


上関港


はとこの湯


上関海峡灯台



4月14日:曇りのち風雨
日の出頃から急激に天候が悪くなってしまいました。
午後から強雨あり〜の予報です。家内が入所予定日なので第2便で出かけます。
天候悪化で、第2便は到着後すぐ出港かも〜という声があったのでいささか慌てました。
四時間ばかりあるのでのんびり構えていたのですが一時間ばかりしかないとなれば準備出来ないな〜と。家内の尻を叩くようにして何とか準備。
”フ〜!”でしたが、余り急激に強風にならないからか”出港は定刻〜”に。

お陰でHPの更新ができました。  ^0^)












写真には写りませんけど、小雨が〜。


4月13日:晴
春の日差しが〜ポカポカ!。山肌はすっかり若草色。

写真愛好家グループ?が第2便で十数人〜。夕便までウロウロ〜。
どんな写真が撮れたのかな〜。













4月12日:曇りのち晴
晴れていた東空に雲が広がり、すっきりしない日の出でしたが、次第に日差しが強まって来ました。
昨夕(11日)祝島に帰りました。
六日間の不在でしたが、郵便受けに入りきらない新聞が不在日を物語っていました。

家内が一時外泊で一緒なので「何かご馳走を〜」と台所に立ったのですが、結局得意な?’水炊き’になりました。そこらにあるものを、入れればできあがるという便利さはありますし、野菜も適当な大きさに切れば調理の手間が掛からないし、にわかシェフにとっては大変助かります。^0^

国会は相変わらず「言った」「言わない」の押し問答、世界政治は動いているのに日本丸は無事航海できるのでしょうか。国民の半数以上が支持しないと表明した世論調査。国会で堂々と嘘を言っていて、ばれたら「申し訳ない」と謝って、「申し訳ないとしか言う言葉がない」とまた国民の前で平然と答弁に立つ官僚。
「人権を護る」って、例え悪人であっても〜なのでしょうけど、それでは被害者の心は救えないのではないでしょうか〜?。



















4月06日:風雨
昨夕の平穏な様が一変して、今日は南東の強風と横殴りの雨が降っています。
傘さしたら、すぐにお手上げの形になりそう〜。

家内の歯医者さんの予約日なので第2便で出かけます。
欠航だと困ってしまうなぁと心配だったのですが、柳井地区情報カメラで確認したら、いわいが室津港の桟橋を先程出港しました。^0^)
でもこんなに風波が強い中、船員さんたち大変だなぁ〜。
1便は西回り(白井田)でやって来たのですが、朝よりか風波が厳しいので、西周りでやってくるのでしょうね。








↑やがて’いわい’がこの船着場に出現します。

昨夕(5日)の西港内









04月05日:晴
夜明けは北東の風波が〜という予報だったのですが静かに?明けました。
お天気下り坂〜と言うのですが夕方までは大丈夫みたい。洗濯物がよく乾く〜。^0^





北空を覆ってた雲が北上して晴天になりましたが、薄雲が広がって来ました。















04月04日:晴
晴天です。
アナゴカゴ漁の帰り、東方から撮りました。
崖は通称”くぞれ”で、何時とはなく年中崖崩れを起してます。










04月03日:晴
静寂の中をゆっくりと昇る朝日に、しばし見とれました。































窓下に子どもらの歓声が〜。
はしゃぐ声、花見に行くようです。


04月02日:晴
今日もベタ凪ぎです。 













光けんじのがっこうの春季合宿。
子ども忍者隊の修了式に招かれました。今年は四名卒業です。







04月01日:晴
季移ろいて卯月へ〜。





北野の茶臼山 ↑

↑ 三浦湾 ↓



こいよう(小祝島)


祝島の山桜、白色も散見されます。


小山地区






2018年(平成30年)03月31日までの出来事はあしあとでご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

               

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2018/04/01

2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        いわいしま 山田農園(頑なに農耕信条、珠玉の農作物) 
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)