since 2003/12/1

 
 2024年 神舞
日誌
(更新調整中)
日程
(更新調整中)

お知らせ

祝島神舞は「一年延期」を取消して、
四年後の2024年に執行することに決定しました。


神舞の動向は上記のコラムを順次更新していきますのでご覧下さい。

報告 橋部好明  (2021/1/1)





あしあと 花の写真集 神舞の話
更新2021/2/6


2016年(平成28年)
更新2016/6/18
英文あり



アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2020/05/30

2021・2・27:撮影
2021・2・27:撮影


遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

カランコエ
出港前


  サテ、ここは何処でしょうか?。(2021/2/16)
 
    
9/2の写真は
小学校体育館の入り口近くでした。海抜28・0)
9/21の:写真は
,祝島診療所前の壁に貼ってました。(海抜8・.3m)
10/05の写真は中郷8区の島下家横の電柱でした。(海抜5.1m)
        10/28の写真は集落東地区の水産科東側の電柱でした。(海抜3・2m) 
       12月12日の写真は三浦湾に向かう通り矢海岸の以前穴口または一本松               と言われてた場所です。(海抜4・9m
  
◎ 万が一津波が襲来した時の参考にして下さい。       
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓






 2月27日:晴れ
今日も、白波の上を滑るように走って到着しました。かっこいい姿を、もう何枚撮っただろうか。
ついついカメラを構えてしまいます。何時ものところで写せるって嬉しい話ですが、毎日見せられる皆さんは大変なご迷惑でしょうね。寒さを感じなかった頃を思い出して、撮影に出かけようとは思うのですが、ついつい出不精を重ねてしまいます。申し訳ないです。  ><;)







 2月26日:晴れ
まだ明けやらぬ中を、風雨の天候を物ともせず、新幹線に引けをとらない定刻出航です。











 2月25日:晴れ
例え大時化であっても〜という定期船の乗組員さんたちの心意気。
見習わなければと思いつつも、目覚めてもちょっと躊躇してしまう冬の朝。飛び起きていたのだがと思いながらも、布団のぬくもりに負けてしまう〜。 ^^;)


















 2月24日:晴れ
春到来は目まぐるしく、昨日午後からは冷え込んで来ましたが、今朝は平年並み〜?!。
北東の風はやや冷たい〜。
白波が近づいて来たな〜と思ったらちょっと治まって来ましたが〜?。
いやいや、またまた目立って来ました。

昨日は半日、南西の波に揺られて”マイッタ・まいった”で今朝は体が痛くって二度寝をしてしまいました。
クネクネ〜と波の揺れにあわせてで、今アレだけ体操で動かすとなったら、すぐにお手上げ〜?!。














 2月22日:晴れ
穏やかに春の夜明けでした。こうして四季が巡るニッポンの自然界。
もうすぐ若葉、青葉に囲まれて暑い夏へと移行するのですが、コロナとワクチンのせめぎ合いはなんとしてもワクチンに軍配を上げてもらわねばなりませんが、昨年のコロナが流行り出した頃、著名なノーベル受賞者がコロナは撲滅は出来ない、共存だ〜と、そのようにおっしゃってたこと、思い出しますが、手強いウイルスのようでしたが・・・・。
三波が何とか収束に向かって来たようですが、四波五波と続くのでしょうか〜?。
コロナの元凶問題も簡単には片付かないでしょうし、国連の旗の元に世界中が参集ことをもっと真剣に取り組むべき時が来たように思いますが・・・。










お花見を、どうぞ〜!!

 2月20日:晴れ
”本格的な春到来”という春日和の予告予報ですが、風やや強く、小休止〜の模様です。
漁船も今日は漁協集荷現場が土曜日で休日なのでお休みです。おっと・・・、
二隻が出漁してます。という私も釣具を一新したので出漁体勢だったのですがストップしました。

その時間を活用して、ノートPCがwindows10なので、データを整理して活用したいのですが、AOの世界の進歩は目覚しく、追い着くよりか引き離されてばっかりで、「お手上げ」です。><;)
見過ごせないのが広告メールの存在。メールの見出しに「広告」と「公式」があれば良いのですが怪しげな物も多く、自分みたいなノホホン組は要注意です。




 2月19日:晴れ
今日は「ゴミ出しの日」なので、室津のを出して、”いわい”第一便で祝島に帰りました。
16日(火)が時化で出港できないと言うことで19日(金)に変更になったので、今朝は暗い中をゴミ出ししてその足で定期船に乗り込んで帰宅しました。23日が天皇誕生日でまた休むので、今日出して置かないと26日(金)が時化たら生ゴミが入れてあるので大変なことになるかも〜と。

祝島も冷えていて寒い。屋根には雪がまだ解けないで残っていました。山の木々にも。






 2月16日:晴れ
昨日に引き続きの北西強風です。昨日は一時暴風と行っても過言では無いくらい吹き暴れました。窓が開けられなくってナイスショットが撮れませんでした。窓を開けようとしたら重くって、たぶん風でしわっていたかのようでした。まさに春の嵐でした。
今朝もまだ吹いてましたが、今は小休止といった感じです。まだ時化そうです。
明日はは家内の通院日です。他に用事も出来たのでこれから第二便で出かけます。






 2月15日:晴れ
次第次第に強まってきた風波が、夕方第三便の頃には最高潮?かのように・・・・・。
ベタ凪ぎの後は荒天が来る自然界の目まぐるしさ、変化でボケなくて良いやなんて粋がっても仕方無いことですが、地震よりかは良い?かも〜。
6強なんてどのくらい揺れるのかなぁ。東北地方の皆さん、今回は津波が20センチくらいだったから、ほっと?かも。南太平洋の地震との関連が取り沙汰されてますが、大揺れは勘弁願いたい〜ものですね。






































 2月12日:晴れ
朝方は雲っててスッキリしませんでしたが、昼頃から晴れて来て気温も上がって春の陽気になりました。
更新を始めたAM:200頃には海面も鏡のように光って来ました。明日は雨模様と言ってますが一時的にも晴れは嬉しい〜。定期船も心地良さそうに快走してました。














 2月11日:晴れ
’いわい’第二便で祝島へ〜、室津港の県道拡張工事がもうすぐ終了です。
スマートフォンのカメラはこういう広角の写真撮るには好都合です。










 2月09日:晴れ
強風の中、’いわい’第一便がやって来ましたので、それで私も通院に〜。
柳井医療センターでは予約してましたので、診察も予定通りで終え、次は広大病院に通院がコロナ感染で出かけ難いので、電話でお願いしましたら薬の処方が叶いまして、柳井の薬局で受け取れました。ヤレヤレでした。
                 ’いわい’が上関の瀬戸を渡る時、丁度バスが大橋上を通過中で、
                    ” ぐっと”タイミングでナイスシャッタでした。.





 2月08日:晴れ
夜明けごろには風が強まって来てましたが、かまわず出港しました。
正午には予定通り帰港、沢山い積み込んでいます。さすがです。







 2月07日:晴れ
昨日から時化だ言っています。空模様がいやな感じです。






 2月06日:晴れ
昨日からビックリするような凪ぎで、しかも春の陽気です。
嬉しいですね。ノンビリ?では無く健康のためのウオーキングの方も見かけました。自分は昨日のハードワークが身応えして、ややくたびれが残っています。
昨夕タイの釣れそうな場所を見つけたので潮の替わる頃に出漁しようと思っているのですが、どうも西風が強まりそうで〜。

スマートフォンのカメラでは広角で撮れます。しかも綺麗に〜。三枚で180度のパノラマです。





ボンヤリ眺めていたら〜、オッ、ト、ト、ト・・・









 2月02日:晴れ
またまた冷え込みました。天候不順で老体には応えます。
今年は立春が三日なので、今日は節分となり行者に参りました。124年振りとか言うアナウンスが流れてましたが、地球の自転速度を昔はどうして計ってたのか、偉い方が居ったものですね。








 2月01日:晴れ
如月に入りました。
よく「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」なんて自分の「のろのろ」を棚に上げて言ってましたが、正月になったばっかりの感覚だったので、先がますます短くなりました。~~;)
















       2021年(令和3年)1月31日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。

 
 現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

リンク
「祝島ホームページ」
おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い)
祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
         

 
上関町今日明日の天気
山口の雨雲の動き(レーダー)