since 2003/12/1

2018・10・21:更新 2018・10・21:撮影
今日の風物



二階の窓から

ムラサキシキブ
モイカ:掛かるかな〜?
         

                  


              ここは何処でしょう?(08) (09月22日)
                      
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓

10月21:晴れ
高気圧の圏内とか。爽やかな行楽日和です。
「モイカ掛け」シーズン、防波堤では徹夜組ががんばっています。自転車で移動する組もいます。定期船が着く度に釣竿提げた人たちが入れ替わります。
掛かる〜というニュースが流れるとドッと増えるのですが、成果は今一のようです。



















10月20日:晴れ
波立ってた海面が次第に凪いで来ました。連れて北風も治まって来て爽やかな高感度の涼風になリました。スカイブルーが見飽きません。雲が遠慮したのか遠くに浮かんでいます。
また言うようですが、山肌のアクセントはぜのあの真っ赤がまだ見えません。

今朝は後ろの山が’崩壊’すると言う馬鹿げた大きな夢を見ました。で、「冴子がいない」と探してたら眼が覚めて〜。居ないはずだよ、柳井だよと気づいて寝ぼけを自覚。 ><;) 
頭が変だな〜と血圧測ったら、160〜、”ん〜!”。
用心していたら次第に落ち着きました。けどなんとなくふらつくようなので、今日の予定をキャンセルしました。船底掃除を予定してたので乗って行って、午後の総合文化センターでの講演を拝聴したいと思っていたのですが、船に乗ってみたらフラッとしたのであきらめました。
気にするからでしょうか、スッキリしません。なんと更新が12時になってしまいました。















10月19日:晴れ
西から今日は強風です。すぐ近くまで白波が迫っていますが、まだまだと思っていたら風向きが変わってきたのでしょうか近づいて来ました。風は窓を打ちません。
寒気の吹き出しによる大きな雲の吹き出しが頭上を通過してます。真冬の状況ですがこれは一時的なのでしょうか。今年は真っ赤なハゼの木の紅葉が見つかりません。

ニュースを見れば、地震災害が心配されているのに免震・制振装置のデータが安易に改ざんされていたようですね。改ざんの先輩格?の東洋ゴムは発覚から三年経った今も交換作業を続けているとか。手抜きの代償は大きい。東京電力の裁判も言い逃れようと必死ですが、責任者としての自覚はないのでしょうか。今回も’震度7’クラスまでは大丈夫だからと監督官庁の国交省は言ってるようだけど、どこも無責任ばかりですね。




















10月18日:晴れ
西から風が流れていますが、まずまずのお出かけ日和です。昨日までの肌寒さも無くしのぎやすい佳い気候です。
更新を終えたので家の周辺の片付けを〜。室内もですが冬の仕度が待っています。気ばかり急くのですが、。なかなかはかどりませんね。^^;)
















10月17日:晴れ
昨日は家内と歯医者さん、今日はリハビリと通院でした。私は血圧が急に高くなって、急遽柳井医療センターで受診、170なんて今まで経験したことも無い数値にドキマキ。自覚症状は無い?んだけど、初めてなので不安で〜。
クスリをもらって第3便で帰島しました。












10月15日:晴れ
所用があって柳井市日積の「ふれあいどころ437」に行きました。
先の9月2日に行われた「日積八朔大踊り」のフォトコンテストに応募したのですが入賞しちゃって、(^0^)で、表彰式に招待されて出席しました。十名余の小集まりでしたが、皆さん顔見知りの間柄、遠方は私だけで帰島を心配して下さったりの温かい人柄の皆さんばかり、地域の行事を皆で保存しておられる様がよく分かりました。
このふれあいどころ437は道の駅とはちょっと異質ですが、出店品も地元産が多く、訪れる方も表情が穏やかで山間の集落の良さが満喫できます。
バイキングのランチは美味で推奨したい。



このお米を賞品にいただきました。














↓入賞作品です。












10月14日:晴れ
爽やかな秋のブルースカイに雲が競演です。






10月13日:晴れ
昨夕12日’いわい’第3便で帰島しました。路上でちょっと肌寒いナと思ったのですが室内でも感じるようになって長袖に着替えました。それでもだんだんと冷えてきて防寒のチョッキのお世話になりました。今朝もその延長でしたが、第2便が帰って来てもまだまだでしたが、洗濯干しに屋上に上がってみるとさすがお日様の力ですね、防寒チョッキは不要になりました。

一時強まってた北東からの風波、次第に治まって来て白波が目立たなくなりました。
瀬戸内特有の青空が秋到来と告げています。皇座山から張り出す白い雲が出番を伺っていますが、今日は青空が優勢です。
















10月10日:曇り一時雨のち晴れ?
目まぐるしく天気がかわります。
風が西寄りになっていますので雨は上がりそうですが、ちょっと予測がしがたいですね。
写真も薄暗くシャキットしません。

第2便で出かけます。帰島してからもう一週間たちました。家内も広島から退院して帰ってから、体調がよくなってる感じがします。やることが依然と比べると歯切れがよくなって来たみたいで嬉しいしだいです。













昨日の生ゴミ運搬船



10月09日:曇りのち晴れ
すっぽりと雲に覆われていましたが、青空が占領してしまいました。風爽やかで気持ちが良いのですが、明日は一時的でしょうがまた雨だという。
北東風が強まりそうだったのですが凪いできました。例年だとヤズが釣れたり、モイカがかかったりで大忙しなのですが、漁師さんたちの声がまだ小さい。防波堤の釣り人も朝一番の定期船で帰ってしまいました。そういう自分もアナゴカゴに出かけませんね。 ><;)

でも人間がサボっていても自然界は休み無し。山肌がちょっと色づきました。
暦見れば昨日は「寒露」でした。




















10月08日:晴れ
昨日(7日)は台風一過後の青空の爽やかさが無く蒸し暑い日でした。
台風さんは潮を巻き上げて窓ガラスを曇らせてくれましたので水を掛けるとすっきりして気持ちよくなったのでついでに車も〜。
かなり強風でしたが風の被害も無く’佳し’としましょうか。

雲がいろんな表情を見せるようになりました。














↑昨日7日 ↓6日




10月06日:曇りのち晴れ
一面雲に覆われていましたが南東風が強まって来て吹き飛ばして青空になりました。
何時もだと雨雲が風に運ばれて来てうっとうしく、横殴りの雨でカッパが要るのですが、今日は晴れ上がった中での強風でした。それにうまいことに1時ごろが干潮なので強風を防波堤がさえぎってくれるので、防波堤が防風堤?で助かりました。午後3時ごろから風が渦を巻くような感じになって来たので、そろそろ吹き戻しの西風になりそう〜。













↓ 水しぶきが虹に〜







10月05日:雨のち曇りのち晴れ
写真を取り替えて更新ボタンを押そうと思ったら陽が差して来て〜、天候が変わる度に今朝は写真を4回撮りました。><;)

北東からの風波が強まって来そうです。皇座山から雲がせり出してきます。
南東からの風が夕方くらいから強まって来るようなので、今夜から明朝は要注意です。
南東風の強い良い?コースなので心配だったのですが、北に遠ざかりそうですが、ハテ〜?。





















10月04日:雨のち曇りのち?
第2便で帰島しました。
夜明け間もなく振り出した雨、ヤバイなと思いましたが1便には間に合わなかったのですが午後にはもっと降るというので、大急ぎで支度して10時発の2便にしました。

祝島発の2便は出港したのにまだ降らない。~~;)
台風25号準備は前回のをそのままで・・・。手抜き〜?。








10月03日:晴れ
三日の日の出です。
二階の窓から島から昇る朝日が撮れる日もそろそろ終わり、来春までお預けです。
しばらくは屋根越で、その後は屋上から〜です。西風の寒い中での屋上上がりは辛い。







10月03日:晴れ
a.m5:00起き出して見あげると、下弦の月がちょっと寂しそうに輝いていました。
以前、お宮の総代をしていた頃”二十三夜の月見の宴”を体験したことがありますが、仲秋の名月に劣らぬ風情があったこと想い出しました。ああいう心のゆとりを失ってしまいましたネ。

下松インターで買ってきた’生外郎’で、ちょっと月見のムードを味わいました。
お酒が似合うのだけど、コーヒーで〜。><;)

現実に戻ると、今日は家内の通院日です。台風通過の後始末に帰ったのですが、次の台風が直ぐにやって来ますので、船の係留はそのままです。 ~~;)

第1便で出かけます。今日は凪ですが、明日から雨だとか〜。

昨夕の第3便です。




昨夕西空が焼けてきたので車に飛び乗りました。間に合いました。^0^


↓ 
魚眼レンズで遊んでみました。





↑↓魚眼レンズです。


↓ 
やっぱり夕暮れは普通が良いですね。





10月01日:晴れ
上関町文化サークルの皆さんと花博会場に行きました。
台風明けで余り混んではいませんでした。ゆっくり鑑賞できました。
























10月02日:曇り時々晴れ
もう10月になりました。
第2便で帰島しました。全国各地に足跡を残しても、今直静まらない台風24号、なんとまたまた台風発生。25号が週末頃にはトップニュースになりそうですね。
台風一過後の青と白のコントラストが大好きなのですが長続きせず雲が優勢になってきました。
上空は大気不安定のようです。













2018年(平成30年)09月30日までの出来事はあしあとでご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

               

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2018/10/04
(祝島不在時の画が時々抜けています。)
2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)