since 2003/12/1

 
 2020年 神舞
日誌
(更新03/31)
日程
(更新10/20)

お知らせ


延期の提案は自治会の承諾していただきました。次回の神舞は
2021年(令和3年)8月16日〜19日の4日間で行います。
名称は「2020祝島神舞」です。

神舞の動向は上記のコラムを更新していきますのでご覧下さい。

報告 橋部好明  (2020/3/31)


お知らせ
町内室津にある上関町郷土史学習館内で神舞資料のミニ展示をしています。
ご覧下さい。
神舞学習会を予定していたのですが、新型コロナ禍感染騒動が収束しましたら
改めて計画いたしたいと希望しています。(2020・8・2)


(国の重要文化財四階楼と上関町郷土史学習館)



あしあと 花の写真集 神舞の話
更新2020/10/01

2016年(平成28年)
更新2016/6/18
英文あり



アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2020/05/30

2020・10・26:撮影 2020・10・26:撮影


遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

サフランモドキ
奥さんに見送られて〜、祈る、大漁!!。


  サテ、ここは何処でしょうか?。(2020/10/05)
 
    
9/2の写真は
小学校体育館の入り口近くでした。海抜28・0)
9/21の:写真は
,祝島診療所前の壁に貼ってました。(海抜8・.3m)

                                           
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓












10月26日:晴れ
ようやく凪いで来ました。高気圧が移動性のようですので、秋晴れが続きそうですネ。
室内の雑品をだいぶ片付けましたが、きりが無くって〜。><;)
ちょっと急ぐ用事が有るので、自船で走って夕方までには帰島しましょう。明日は燃えるゴミ出しの日なので、焼却処分に出したいものが”沢山"〜に。

















10月25日:晴れ
午後は凪いで来るかと期待したのですが、とうとう夕方まで”寒風”で体が冷えちゃいました。
14日にインフルエンザの予防接種を受けたのですが、体調がやや変調〜?!。
20日頃から、熱があったり(と、言っても平熱が35℃台なので)、と思っていたら、今度は脈拍が高まったり速まったりで・・・。
今日は恒例の山道整備だったのですが、身体がぎこちなくって閉口でしたが、まぁ何とか〜。

’いわい’第2便










10月24日:晴れ
寒い北西風と一面の白波です。寒気の噴出しに伴う雲が次々と流れて来てます。

今朝のNHKの「エ〜ル」から’長崎の鐘’のメロディが流れました。歌の終わりで”カン・カン”と鳴る鐘の音色を聴くと何時もドッと涙が溢れます。どうしたのでしょうか〜?。
終戦後の混乱の中過ごした小・中学生の頃の思い出がいろいろ〜と・・・。近所のおじさん達から聞いた戦場の惨状、テレビや映画の作り物とは違うと言ってはそっぽを向いた、眼に涙が光ってたのを思い出します。















10月23日:晴れ
天候は回復と言うのですが、西風が思いっきり?吹いて白波です。その上、風は冷たく結局縮こまっていたら夕方になりました。季節のコマは三段跳びかな。急に寒くなりました。












10月22日:終日雨
予報の通り雨で明けて、雨の中暮れていきました。それにしても24時間降るって珍しい〜!。

デスクワークでなく、雑品の片づけで過ごしてしまいました。







10月21日:晴れ
昼間には風波が強まるとの予報〜。
昨日から自船で行くことを迷ってたのだけど、夕方には少し凪いで来そうだという予報が出たので「ヨシッ、”行こう〜”」と決めて準備を〜。粗方やっていたのですぐ出発しました。鼻繰島まではもう北東の波が高まっていて大きく揺れましたが、まぁ予想通りなので淡々と・・・。

四代が近づいたところで’いわい’第1便とバッタリ。残念だったのは”いわい”が後10秒遅れていたら
それか、私が10秒遅く出発していたら朝陽の中を駆ける’いわい’が撮れたのにと悔やむこと悔やむこと〜。誠に残念でした!。結果論ですが、日の出を雲が邪魔しなかったらピッタリだったのに〜。
以前、霧の中に浮かんだ太陽を背負ったのを撮ったのですが定期船が上手く入らなくって・・・。
これまで幾度かタイミングを計ったのですが今だ成就しません。、

今日は家内の通院に立ち会ったり、漁船のローラのスイッチを修理したりと、色々でしたが室津港を午後4時出港して、波にも悩まされなくて無事帰島出来ました。 感謝!。




















10月20日:晴れ
さすが”ニッポンの秋”と愛でたいような爽やかな秋晴れの刻が流れた一日でした。
空色は文字通りのブルースカイでしたので、肌寒さを忘れた午前中でしたが、午後は木陰に入りたいような陽気になりました。
























10月19日:晴れ
朝のうち曇ってましたがちょっと薄い雲が青空を覆っています。
肌寒かったのですが、気温も上がってきて夏衣装に戻りました。

ここのところ、写真は撮れる間はあるのですが、当日中に更新が出来ず日にちが前後してます。
まだ、ボケてはいないようなので、御休心下さい。 ><;)





10月18日:晴れ
ここ三、四日、高潮でビックリしています。何時もの大潮と違って海面が高く、万一、台風とかの暴風時には大変だなといらぬ心配をしていますが、それにしてもコレだけの海水が押し寄せてきたらどうなるのだろう〜?!。














10月14日:晴れ
今朝も’いわい’第1便が颯爽うと駆け抜けて柳井港に向かいました。







室津港に浮桟橋が設置中です。出来ると接岸が楽に出来ます。




10月17日:晴れ
夜半からの雨が強く弱くを繰り返しつつ今も降り続けています。予報通りの天候で気温は平年並みというのだけど、盛夏頃の着てるものが長袖シャツになっただけの変わり様なので、寒い!。
10月中旬の気温を忘れてしまっているので、ちょっと肌寒くって、エアコンを入れたらなおさらに寒くなって〜、リモコンをよく見れば「29℃」なのだけど「冷房」だと駄目なのだなぁとボヤいています。
どなたか、この大実験に参加してみて下さい。
29℃の冷気よりか20℃の暖気のほうが暖かい〜?。何故〜?と夏ボケの頭で考えています。

コロナが重症者が多くなって来たという。インフルエンザの予防接種をしたのだけど、後期高齢者でまさに適齢期なので気をつけなければ。。。。。

オットトト・・・少し温もって来たら眠くなって〜、ヤバイ!。



















10月11日:晴れ
伊豆諸島あたりは暴風に大雨にみまわられて大変’大変’ですが、こちらは静かな海が戻ってきて
カモメ達は、集まって洋上会議に余念がありません。お互いに無事を確かめ合っているんのかな〜?。
14号さんは太平洋の真ん中で南に向いて居座っていますが、まさか西に向かうことはないでしょうが、なんだかだだっ子みたいですネ・・・。










週は台風のお陰で?良い写真が取れました。^0^)










10月08日:曇りのち雨・小嵐
夜半から時折降ってた雨が次第に強まり、海上は白波でまさに小嵐です。
台風14号は東寄りの進路を取り始めました。東海、関東、東北〜と順次風雨に見舞われそうですが
お気の毒と申し上げればいいのでしょうか〜。
よく降りましたが3:00PM頃から小ぶりになって来ました。先程まで防波堤上面にたむろしていたカモメ共が見えなくなったと思ったら、旋回しています。そう言えば私も台所で支度をしなくっては〜。
今朝ほどから打ち寄せる波の様子を撮ろうとしてたのですが、なかなかタイミングが合わなくって・・・。











10月07日:快晴
快晴で爽やかに晴れ渡って心地佳い風が流れて来ます。
でも海は北東からの白波です。14号台風の影響はまだなのでしょうがかなりの波が次々と打ち寄せています。
ウイルスに〜打ち勝つという思い込みはヨシとしても、眼に見えないこの難敵とは共存すべきだと京都大学の教授が流行りだした時にすぐ言ってたけど、米大統領は一歩も引かない構えですが、玉砕にならないように祈りたいですね。






















10月01日:追加報
帰宅して庭に入ると、なんだか変〜?。飛び石の間とか掘り返してる?見たい。
「何故で〜〜?」と眺めていたら、物知り?と言われる知人が近寄ってきて、「イノシシにやられてる」と。
「イノシシが集落内を徘徊している」という。先日バッタリと出会ったオバチャンが硬直して具合が悪くなったとか。まさに「へへ〜〜!」でした。「足跡も残ってるよ」〜と言うのでよく見ると残ってた。
「檻を作って自衛したら〜」と笑いながら行ってしまったけど、「デモね〜。」
別の人が笑いながら「お寺の本堂の床下で昼寝してるらしいから見に行ったら〜」と。
どのお寺かは分からないけど近くに二ヶ寺がある我が家は危険区域だな〜。かと言うてもノコノコ行って見る訳にも行かないけど・・・・。







10月05日:晴れ
北西風に乗って秋の涼気が渡って来ますが、爽やかですがまだ晩秋には遠いようです。
風が次第に治まって来ましたが、白波はまだまだ続くようです。

祝島の漁船は、一隻出て行きましたが他はお休みのようです。









10月03日:晴れ
北西風に乗って秋の涼気が渡って来ますが、爽やかですがまだ晩秋には遠いようです。









10月02日:晴れ
久し振り〜の祝島の朝です、更新も。
二、三日の予定が一週間も室津に長いしました。
一日置きに用件があって、無い日に帰島と思って自船(マイ・ボート)で出かけていたのでしたが、運悪く帰ろうと思う日に風波が強まって、チグハグになってしまいました。
で、昨日は午前の用事を終えて、まだ風が残っていたのでしたが出港を強行したのでしたが、祝島が近づくに連れて風も波も静まって来て、ラッキーな展開になりました。^0^)






日の出の位置が丁度’鼻繰島’








10月01日:晴れ
早や、10月。
一年が3/4の過ぎてしまって、アレコレ〜来年を考えなければならない時期になって来ました。終活〜も待ったなし〜?!。

過ぎる時間の早さに付いていけない日々が多くなりました。
朝食前に散歩を兼ねてカメラ手に〜。人の流れ車の流れ、刻の流れ、幾度も立ち止まりながらの散策でしたが朝食は美味しかった。

今朝は木曜日日程のグランドゴルフの日。台風やら雨やらで自分の都合で休んでたので、なんだか久し振りの参加。旨く転がった時は小さくガッツポーズ。しばし楽しみました。











       2020年(令和2年)9月30日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。


 
 現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

リンク
「祝島ホームページ」
おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い)
祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
         

 
上関町今日明日の天気
山口の雨雲の動き(レーダー)