since 2003/12/1

2019・09・07:撮影 2019・09・09:撮影
遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

フジバカマ:白花






’いわい’第1便 : 月曜日なのに通院人が少ない。
         

        
           ◎
 ここは何処でしょう?(17)  8月14日 
                江戸時代に高札場であったと言う大通り〜
                              
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓



月09日:晴れ
きれいに晴れている。
上々のお天気だ!とテレビを点けたら”サァ大変”。台風15号が首都圏を直撃。
なんと千葉県を通過中だ。
孫達、今日の学校はどうなのだろうか〜。通勤はストップ〜?!。
ニッポンは広い!、イヤ、長い。今年の台風は祝島を避けてくれている〜?。

昨日は熊毛南高校の放送部の生徒さんが先生と収録の下見に来られた。
熱心だ、一生懸命だ〜!。ところが肝心の説明役が質問事項から脱線ばっかりで司会の生徒さんは困惑。先生はまたか〜と苦笑い。引き返そうとすればするほどまた脱線。
少し〜イヤ大いに反省してるところです。本番の時は気をつけよう。 ~-~)

興奮の余波か、昨夕シャワー浴びていて補聴器をつけているのに気がついてはずしたのだけど、そのままで夕食。9時ごろ気づいて探したのだけど、アレアレ、????。
サァ、これから再々度、挑戦!。




先日、訪問看護の看護師さんに、「望遠を使わないで足使ってください」と指摘されたのだけど〜













月07日:追加
風で暖竹(ヨセ)が大きく揺れてました。



手入れ良くて草一本残してません。



月07日:曇りのち〜??。
次第に雲が少なくなりそうですが、ゆっくりゆっくり〜です。
きれいによく焼けましたが、霧雨が少し〜。
















薄く虹が〜:撮り直す間もないうちに・・・・。





A.m6:30 :大雨にならずよかった!。



月06日:曇りのち晴れ
雲が空一杯に展開していましたが、青空が広がって来ました。
暑い日差しに悩ませられそう〜。台風13号もまだ影響なし。15号が不気味ですが・・・。

長いこと更新なしでゴメンナサイ。それでもアクセスして下さって ”ありがとう!”




















月05日:晴れ
祝島に帰って来ました。
先ずはこの写真から〜。

P.M 6:30 ↓







月02日:曇り
曇っています。連日不安定な大気の影響で天気予報も大変ですが、雷さんは気まま勝手〜。

昨日からもう9月、と言うよりかやっと来たか〜。
暑い日が続いたので余計そういう思いがします。と言うのも気が散って打ち込めない日が続いてしまって・・・。神舞行事準備も進めなければ為らないのですが、ただ、ウロウロ〜。

家内の通院で、これから第一便で出かけます。



2019年(平成31年)08月31日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2019/08/31
(祝島不在時の画が時々抜けています。)
2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)