since 2003/12/1

 
 2024年 神舞
日誌
(更新調整中)
日程
(更新調整中)

お知らせ

祝島神舞は「一年延期」を取消して、
四年後の2024年に執行することに決定しました。


神舞の動向は上記のコラムを順次更新していきますのでご覧下さい。

報告 橋部好明  (2021/1/1)





あしあと 花の写真集 神舞の話
更新2021/5/04


2016年(平成28年)
更新2016/6/18
英文あり



アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2020/05/30

2021・5・07:撮影
2021・5・07:撮影




遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

菜の花
時折、小雨が降っています。


  サテ、ここは何処でしょうか?。(2021/2/16)
 

  
   





↓ こちらはブログ覗き窓です ↓






 5月07日:小雨のち曇り
昨日の青天が一転して雨空です。
沖縄や奄美大島辺りが梅雨入りのようですが、祝島はまだまだ先だと思うのですが、来週も雨マークが散見されます。

山惣津に雲が懸かりませんので雨は大したことなし〜かな。







 5月06日:晴れ
綺麗に佳く晴れました。まさに紺碧の海と空でした。
でも予報では「黄砂」に「ご注意〜」と。厄介なお客様ですがどうしようもない自然現象。
一方、黄海を渡ってくるPM2・5や排煙等は何とかなりそうだけど・・・・。しかし注文がしにくくなりましたネ。
福島の原発事故排水の海中への放棄。ニッポンは放射能には甘い?〜。
”放射能では地球(人類)は滅亡しないけど、ウイルス(コロナ)ではヤバイ〜という話に唖然としたことがありますが、特効薬の出現が待たれますネ。
著名なノーベル賞学者が、このコロナに打ち勝つことは出来ない、共存を計らなければ〜と述べていましたがスーパーコンピューターの出番はまだかな。




















 5月05日:雨のち晴れ
昨夜から正午まではホント強く吹いてよく降りました。そして回復が早くすぐ青空が広がりました。
そのテンポに追い付けないのが?私の身体イヤ頭かな?。集中力が彷徨(さまよ)ってます。夕暮れ時になって能率が上がってくるので以後が繰り下がって、連日’ん〜!’で夕食が遅くなるパターンなので、今も焦ってるのですが、あっちを見たりこっちを見たりで・・・・。こういう時は歩こうと外に出たら風に吹き戻されて〜。

明日は凪いで来そうなので先日入れたカゴを引き揚げに行きましょう。雑魚カゴに何が入ってるか〜と楽しみなのだけど、ハテ〜?!。地(浜辺近くの浅瀬)タコは不思議なほど不漁。






まぁまぁの出来栄えです。スッキリはしました。



 5月04日:晴れ
今日も晴天で作業は順調に進行しました。
今夜は雨だと言うので、雨で土を洗い流してくれたら明日は歩き易くなった玄関前を披露出来そうです。

午前中に終わりました。先々週から作業が続きましたのでいささか疲れましたが、写真は撮ってたのですが
更新を順延べしてましたので取り組みました。
何度もアクセスして下さって、更新してない画面をお目に掛けてしまって恐縮です。













 5月03日:晴れ
朝食を取っていたら、頼んでた左官さんが早々と来てくれたので少し慌てました。
おお急ぎで終えて、早速に作業にかかりました。
起き出した頃は肌寒かったのですがだんだんと暑くなって来て、一枚また一枚と薄着になってしまいました。
日差しがきつくなりましたネ。











石の配置に、一工夫要りました。

 5月02日:晴れ
四月26日の夕方便で島を出て、病院に行ったりで諸々ありましたが大体終えたので三便で島に帰りました。
天候も二、三日好天のようなので、明日から左官さんに頼んでいる玄関前の敷石を手直しをします。
”踏み石”をわざと散らしていたのですが、階段形式に整えて歩き易くします。

( 船内から撮りましたので色彩が青色に〜)









 5月01日:晴れ
連休に入って、室津港にはヨットの寄港が増えました・







       2021年(令和3年)4月30日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。

 
 現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

リンク
「祝島ホームページ」
おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い)
祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
         

 
上関町今日明日の天気
山口の雨雲の動き(レーダー)