since 2003/12/1

 
 2020年 神舞
日誌
(更新03/31)
日程
(更新10/20)

お知らせ


延期の提案は自治会の承諾していただきました。次回の神舞は
2021年(令和3年)8月16日〜19日の4日間で行います。
名称は「2020祝島神舞」です。

神舞の動向は上記のコラムを更新していきますのでご覧下さい。

報告 橋部好明  (2020/3/31)


お知らせ
町内室津にある上関町郷土史学習館内での神舞資料のミニ展示を終了しました。
コロナの感染者が急増してるとか、怖いですね。
2020神舞の実施についても、いかように取り計らうか
協議をする時期が近づきました。 (2020・11・12)


(国の重要文化財四階楼と上関町郷土史学習館)



あしあと 花の写真集 神舞の話
更新2020/11/08

2016年(平成28年)
更新2016/6/18
英文あり



アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2020/05/30

2020・11・23:撮影
2020・11・23:撮影


遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

オキザリス  まだ眠いのか〜開きません。
こちらは雲が遮って〜


  サテ、ここは何処でしょうか?。(2020/10/28)
 
    
9/2の写真は
小学校体育館の入り口近くでした。海抜28・0)
9/21の:写真は
,祝島診療所前の壁に貼ってました。(海抜8・.3m)
10/05の写真は中郷8区の島下家横の電柱でした。(海抜5.1m)
                                           
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓












11月23日:晴れ
今年も師走が目前に迫って来ました。
新年早々からのコロナ騒動に残念ながら翻弄されてしまいました。せっかく準備を始めた”2020神舞”も中断を余儀なくされ、今も宙に舞ったままで、感染収束を固唾を呑んで待っているのですが、完成したというせっかくの薬も感染予防で治療薬ではない〜???。実際医療現場でどう扱われるのか、米国大統領選挙の有耶無耶が尾を引いて、????・・・。視界不良ですね。

この三連休、テレビを見れば大勢の人出〜。感染前の人達へのインタビューですから、自分は感染しないと思ってるのでしようからなんだか他人事のようで、’平和ニッポン’ですね。

そういう私も明日は通院で出かけなければならず、来週には胃カメラの結果を聞きに行かなければならないし、その後広島大学病院へ通院予約もあり、また義姉の法要が北九州で予定されていて、いずれもキャンセルしがたく〜、自分はコロナ感染適齢期なので、当分の間悩み多い日々です。

北西風が強まって来ました。白波です。寒気に伴う白い雲の出番があるのでしょうか。
                  
                          ( 小休止 ) (タイムが AM7:50 
オッ、「エ〜ル」の時間だ。急いで二階から下へ。

最終週が始まった。テレビ見ながらの朝食も・・・。
いろんな展開があった。それを見ながら、自分の時とダブってしまった。

「アレが祝島だ。私の島に来ないか〜」 それが○○年前11月8日の光市室積の象鼻ヶ岬の展望台。
小さくうなづいた彼女、そして実家に行ってお父さんへご挨拶云々。。。、

・・・つまらぬ?思い出に浸りながら、しばしの時〜〜・・・。

ア〜!。ア〜!。 ><;) 
またまたやってしまった。せっかく作った味噌汁が煮詰まっている。 

何度やっただろうか〜、懲りないで煮詰めた味噌汁。テレビの展開に夢中になっては繰り返した朝食時のハプニング。味噌汁用の小鍋の底が焦げ付いて使用不能で捨ててしまったの何個目〜?>。
特に今回のドラマ(エール)時はひどかった。何回やってしまったか?。
 これって痴呆の始まり?。イヤっ。真っ盛り?!?!かも。
せっかくのロマンチッィクな朝のひと時が、アウトになりました。








11月22日:晴れのち曇り
やはり天気は下りのようです。雲が張り出してきました。

コロナが急速に感染拡大して来ました。山口県も連日大きく扱われています。
この三連休が明けたらもっと増えてくるかも。先日柳井市で感染がありましたが、近くなったので要注意ですが、見えない相手なので不気味ですね。連休明けの通院が心配なのだけど、いた仕方無いのだけど困った情勢になりました。











11月21日:晴れ
紺碧と表したいくらい蒼い〜。
季節の逆戻りも今日まで、明日は冷え込みそう・・・。














11月20日:晴れ
昨日は大東風(マジ)、そして午後からは大西風。
そして今日は終日西風がビュービュー〜。

                          オヤっ、クジラ雲〜?








11月19日:晴れ
爽やかな秋空が広がって来ましたが西風が強まって大時化になりそうです。
’いわい’第2便で帰島しました、






11月18日:曇ったり晴れたり
町保健係から、胃がん検診を勧められ胃カメラを’飲み’ました。
大丈夫みたいだったのですが来月2日に説明があります。

上関大橋が通行止めで、渡し船が大活躍しています。道の駅は夜間はライトアップです。






11月17日:晴れ
よく腫れて蒼い空が広がりました。
朝食前に橋のたもとへ、野次馬ではないつもりですが、通行止めの現場傍まで行ってみました。
段差がついたという。原因は不明だとか。
どれだけ橋が必要かとよく分かったとか。早く交互通行が解消されますように〜。

















行き交う船を見守ってくれています。
上関海峡を見下ろす小高い所に鎮座しています。





11月15日:追加報
午後陽気に誘われて、夕方から出漁しました。
途中”通り矢海岸”の紅葉に見取れました。








澄み切ったモイカの眼、透明でした。誘われて〜出漁したのですが、”一杯”。

11月15日:晴れ
爽やかな秋空が広がっています。
今日は’七五三’で全国のお宮では子ども達の成長をお祝いしてるのでしょうが、コロナでスッキリしませんね。 「ウィズ・コロナ」で〜と経済活動も余り自粛しないで程ほどに〜と難しい頃合を計ってるようですが、それは様子見で何もしないのと同じだという厳しい指摘もあるようだけど、”見えぬ敵との戦い”を制するのは〜、並大抵ではないようです。
制しなくては人類滅亡だなんて物騒な話が出たり〜・・・。

放射能も然り。孫子のために〜と声高に説く人が、原発から出るゴミの置き場も確保出来てないのに、
二酸化ガスが出るからと火力発電を止めろと言う。原発はゴミ置き場を確保してから再稼動しろと河野大臣が発言したようだけど、サテ、これは本気〜?!。

せっかくの秋晴れに物騒な話で水差して申し訳ない。祝島の木々は落葉樹が少ないので紅葉が余り楽しめないけど、山肌は秋の装いです。











11月13日:晴れ
高気圧の圏内でちょっと肌寒いけど、蒼い空に吸い込まれそうです。ゆっくりとした刻が流れています。

コロナ禍が迫って来てるのでしょうか?、何故か活動的に動けません。見えない〜て不気味ですね。












11月12日:晴れ
10日に肺がんの検診を受けました。胃がんの検診もあったのですが、バリュウムを飲むと便秘するので
内視鏡検査に変更してもらいました。18日に検査が決まりましたので一旦祝島に帰りました。
少し北東の風波がありましたが午後に入ると次第に凪いで来て爽やかな秋晴れの上天気になりました。









11月08日:晴れ
昨夕、帰島しようと思ったら雨が降り出して、手荷物があって濡れるので今日に変更。
朝一番で〜と思ったのでしたが、早く帰っても仕方無いので第二便にしました。





室津港に入る’いわい’第2便




’いわい’第3便:祝島港へ


11月04日:晴れ
秋晴れの下、今日は通院三昧でした。
今日の日程を終えて上関桟橋に帰着の”いわい”



白井田の海岸から : 島影左、祝島・右、叶島


11月03日:晴れ
カレンダーが11月を表示しています。早くも霜月、正月まで60日だというと長いようだけど、アッという間も無いかも。コロナの行く末がコントロール出来ればいいけど、共存まではまだまだ長い道のりかも。
アメリカの大統領選挙も投票日が来た。後の騒動が心配ですが、上手く処置して欲しいものです。











11月02日:雨
予報通り一日中雨でした。午前中は優しい降り方でした。
先日「小糠(ぬか)雨」という言葉を新聞で見つけたのですが、さて、どんな降り方を言うのだろうか。
霧雨だとしっとり濡れる雨で、春雨とも言うので、今は秋最中〜。今日は余り冷たくないので氷雨とは言いがたく〜、なんと呼べばいいのかな?。

















       2020年(令和2年)10月31日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。


 
 現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

リンク
「祝島ホームページ」
おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い)
祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
         

 
上関町今日明日の天気
山口の雨雲の動き(レーダー)