since 2003/12/1

2019・05・21:撮影 2019・05・21:撮影
遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

キンセンカ

青空がチラホラと〜。
         

        
           ◎
 ここは何処でしょう?(15)  5月21日 
                 最近解体しました。門柱に見覚えがありませんか?
                              
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓



5月21日:曇りのち〜
昨日は東寄りの風だったので集落西に位置する我が家は網戸でも過ごせたのですが、東集落はかなりの風波だったようです。
天気表では晴れマークに変わっていますが青空はまだまだ広がっていません。
月と木星が大接近してるというのだけどこれもお預け、見えません !。
時計見たらまだa.m5:30。私の歯車も相当ずれてる〜?!。 ~~;)
北の空から青空が広がって来ました。南の空は雲の動きがせわしくなっています。




















5月20日:曇りのち風雨
「アレッ、雨は〜・・?」と思ってたら雨になり海面はうねりが大きくなって来ました。
今日は雨にお付き合いだな〜と夏物を取り出そうと物置に入ったら、なかなか抜け出せなくって〜・・・。
スポーツ界も顔ぶれが変わってきましたね。
プロ野球も新顔ばっかりでなんだか違う世界に。驚きはニッポン体操界。
常連だった内村、白井が出場してないので、何故〜?と不思議に思ったら予選落ち?。
替わって登場の二十歳前後の若者の演技に驚きました。空中でのひねり、回転〜難なくこなしている、しかも高得点。昔取った杵柄は通用しなくなってる?。
相撲界も荒れていますね。見るほうは面白いけど登場人物は並の努力では通用しない。










5月19日:曇りのち小雨
暗い夜明けでした。早々と雲が覆っていて雨雲レーダ見ると雲の集団が関門海峡を越えていて、国東半島も雨雲の下。早かれ雨だなと思う間もなくボツりボツりと落ちてきました。
梅雨前線は南方海上〜、梅雨の走りみたいなものですね。ここ数日間は、いささかワードオーバー気味だったみたいで身体が痛い?!。それにしても気合が入らない。><;)











5月16:晴れ
静かに刻が流れています。
雷雨のところもあるようですが、薄雲が広がっているからか優しい日差しです。山口市付近は真夏日になりそうだ〜と言ってますが、今から真夏日が話題になるというのですから、この夏もいろいろとありそうですね。
室津の家の屋根瓦にペンキを塗って補修をしておこうと予定しています。祝島から足場関連の道具を運ばなければならないので、しばらくは出入りが忙しくなりそう。明日は歯医者さんの予約日なのでそれもこなしていかなければなりません。その前にタコツボの引き上げも〜。~~;)







5月15日:晴れ
第二便で帰港しました。北東風が強く弱く流れています。光線は真夏日モードです。
なんだか疲れてしまって、身体がダルイ !。
溜めてた更新作業をダラダラ・・・。夕方になってしまいました。~~;)

     I(五月初旬をやっと更新しました。ご覧下さい。)














5月14日:晴れ
広島大学病院に検査の結果を聞きに往きました。
「病変していません」と診断されたD.rの声にほっと〜。
柳井港の駅の標識を見て、あぁこういう時期があったなぁと。あの時の「バンザイ!」を思い出して小さく「ばんざい!」



5月13日:晴れ
祝島は今日も快晴です。第一便で出かけますので乱暴な更新になりました。














5月12日:晴れ
祝島は今日も快晴です。朝焼けを見ながら早朝出漁しました。






5月11日:晴れ
祝島は今日も快晴です。
行者堂の案内板を増設しました。力持ちに協力をお願いしたらこころよく手伝ってくれました。






5月10日:晴れ
’いわい’第1便、快速です。滑るような走りであっという間に〜。








5月08日:晴れ
祝島は今日も快晴です。
通院二日目、定期船で往こうと思っていたのですが、写真を整理していたら時間が足りなくなって、凪ぎなので自船に変更しました。
 
  〜サァ、急がないと診療予約時間に遅れますよ。〜 ~~;)







ボヤボヤしていたら”いわい”が帰って来ました。


あ〜ぁ、往っちゃいました。







5月07日:晴れ
祝島を第一便で出て、第三便で帰島しました。
明日も通院があるので、室津泊を想定していたのですが、昨日大事な漁具を海底の岩石らしきものに引っかけて紛失したので、(地球を釣ったら揚がらないよって笑われました。)気がかりで帰って来たのですが、昨日の現場に行ったのですが、残念ながら見つからず、代わりに写真が〜。
  ><;)

7日の日の出




夕方、西丘から〜、”いわい”が出港した後です。


北野の茶臼山


ハンノキ山付近


小島、遠くに見えるのが茶臼山(三浦湾の反対側から撮りました)


斜面三分の一位に見えるのが千丈岳


船が揺れて、ダルマ夕日になりませんでした。><;)


きれいな落日でした。



5月05日:晴れ
”祝島匠の技”が展示していました。その一部です。
















5月05日:晴れ
祝島に帰着しました。まだ連休真っ盛りだと笑ってる人がいました。
     (とりあえず更新します。)
第二便が」出港しました。




















5月02日:晴れ
昨日と変わって快晴の爽やかな朝の室積の御手洗湾。凪です。




次は’記念日60年’、二人して元気にしてたら、また祝ってもらえる〜。
次男とこの孫二人が都合で帰郷できなかったが、次回には曾孫も加わったら?!〜〜。 

5月01日:小雨

令和元年五月一日、’いわい’第1便が室津港に入港して来ました。
令和の時代の幕開けです。







小雨の中、光市室積のかんぽの宿に到着しました。
部屋に入るとまず一枚〜とパチリ。祝島の遠景に小さく拍手(かしわで)〜!。





2019年(平成31年)04月30日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

               

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2019/05/15
(祝島不在時の画が時々抜けています。)
2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)