since 2003/12/1

2019・08・23:撮影 2019・08・23:撮影
遺したい 祝島の
草花




二階の窓から

サフランモドキ 







皇座山も上盛山も雲の中〜
         

        
           ◎
 ここは何処でしょう?(17)  8月14日 
                江戸時代に高札場であったと言う大通り〜
                              
◎ブログはじめました。


↓ こちらはブログ覗き窓です ↓



8月23日:雨のち曇り〜
もう秋雨前線なのでしょうか、長々と寝そべって?各地が雷注意報です。大雨の恐れもあり〜と。
西空に青空が見えたので期待してたのですがなかなか写真に撮らせてもらえません。
海面見れば風は行ったり来たりで定まらず、東を見れば雲が薄らいで日差しがボンヤリ・・・。

昨日第二便で帰島したのですが、室内に掃除機をかけたりしてから遅い昼食。気合が入らないので出たり入ったり、立ったり座ったり〜〜。
一昨日病院に行ったのですが「熱中症は気合では回復しません。お水をしっかり飲んでください」
と指示されて・・・。><;)

ところが、14時からの甲子園。さすが青春の熱気に圧倒されました。
今年の甲子園、どの試合も見ごたえがあって、”赤勝て白勝て、どっちも勝て”でしたが、実力伯仲の試合が多かったですね。驚いたのは星稜高校の奥川投手、どんなピンチでも打たれても笑顔を絶やさなかった彼が閉会式の直前に突然泣き出したこと。帽子で顔を隠してたけども涙がとまらない。無理も無いよねと独り言言いながらどうしたのだろうか〜と、要らぬ心配。 ~~;)

次は大相撲が始まるのを待ちましょう〜・

風も強まら無いようだし、雨も降らないようだし、タコツボ揚げに出ようかな。サテ〜?!。








8月20日:曇り〜
夜が明けてから出てみると、あちらこちらに水溜りが・・・・。
大分降ったようですが、今はすっぽりと霧(モヤ)に包まれて孤立状態?。
先程定期船はレーダーのアンテナを回しながら出港しました、乗客も減ってしまって盆も往ってしまいました。来年の神舞時は8月20日は出船の日。こうしてノンビリと座ってはおられない頃なのですが、今はしばし充電しておきましょう。
24日には恒例の「お種戻し」に行きます。16日予定だったのですが台風さんのイジワルで延期になりました。只気がかりは日程って変更すると次が好天になることが案外少ない。><;)











大阪自然教室の子ども達、かけっこのあと防波堤の上でミーティング









8月19日:曇り
静かにゆっくりと明けました。
東からの風が海面を西に〜流しています。雨の予報、風も少し出来そう〜。

昨夕頃から体が大儀になって来て、とうとう夕食の片付けも出来なくって、一眠りしたら大丈夫だろうと早めに寝たのだけど、夜半何度も目覚めて、しかもそれもだるくって苦しくっての目覚めなので、少しヤバイかなと何度も寝返り。たぶん盆から続いた疲れが溜まったのだろうけど、熱が出なかったのが幸い、まだだるくって食欲も出ないんだが、更新を終えたら台所に立ってみます。















8月18日:晴れ
第二便で祝島に帰った。盆は終ったと言うのにいろいろな人に出会った。上陸して家を目指して歩いていたら、同じ方向に歩いていた人と自然と言葉を交わしていた。私の家の前庭の松や裏庭のナツメの樹が話題となって、おばぁちゃんの家から何時も眺めていますという。
帰宅して屋上に上がって見たら目前の高台のお家。大抵毎日のようにこのHPに登場するお家で、昔から懇意にしてもらってる。神舞の五穀の額に使う豆類(小豆、黒豆、ヤイナリなど)を沢山に作って提供してくれてたお家のお孫さんだった。そういえば、「ことしお」時代に「これ私の孫」っと嬉しそうに見送ってた、あの時の子どもさんが、立派に成人したんだ。ハシャギ回る写真をたぶん撮ってたので近く押入れから出してみよう〜。

午後3時から、約束してた「大阪自然教室」の子ども達に祝島の案内をした。
このグループの祝島合宿は30年近くになるかなぁ〜。毎年のことだけど話をすると、驚きは子ども達がすごく熱心に聞いてくれること。リーダーと呼ばれる高校生、大学生が注意深く子ども達の面倒をよく見ていること。
聞けば祝島合宿が一番人気だと。嬉しくなって私の説明も力が入る。^0^)






















8月16日:晴れ
「台風一過」ですが目に沁みる青空が展開されると楽しみにしてたのですが、やや雲が優勢のボンヤリとした台風明けです。

昨日は近くを台風が通過したと言うのに、何の被害状況も無くラッキーでした。
第二便で出かけます。

’いわい’第2便:台風を避けて今日盆帰り〜?





8月15日:雨
刻々と近づいて来る台風〜ですが、北東風が高く頭上を通過してるので、余り暴風という表現が要りません。振り返って山頂付近を見るとかなりの強風のようです。
押し寄せてくる波は白波と言うよりかうねりを伴った高波です。一、二度しぶきが上がりましたがカメラに収める程頻繁にはまだ出現しません。祝島に最接近時?頃の午後には干潮期なので高潮被害も起こらない〜?!。

強雨が時折視界を遮ります。




せっかくに設置した水槽でしたが・・・。





でっかいハマチが悠々と〜。
ほとんどの人たちが台風を避けて離島したので
出番?が無かったかな。


8月14日:晴れ のち雨
台風接近だと言うのに〜。

時折雨も〜。北東風波が迫って来ました。
台風さん、ガンバレ〜と言ったら怒られそう・・・・。
















’いわい’第3便



8月13日:晴れ
台風がなかなか動きませんね。ゆっくり実家が楽しめない〜とボヤく声がしていましたが、大きく手を振りながら帰路に〜。また来年だ!と〜。



↑ ’いわい’第2便 ↓


夕焼け







8月12日:晴れ
南方海上でぐずって動かなかった10号台風が、やっと機嫌を直したようで動き出しました。
けれど今午後5」時、海面は凪ぎで光っています。薄雲も散見されますが、まぁいつもよりか凪ぎで穏やかな夕暮れ時を迎えようとしています。

だけど困った台風です。13・14・15日と沖縄から九州、中国地方と暴れそう。”超大型だ”なんて名づけられて、嫌われそうですが、平気〜。
島内放送で明日の盆踊りの準備作業は中止〜と。一杯飲むには良い按配ですが、サテ〜。.


                       エッ、カエルすくい〜










第三便でも大勢の出入りがありました。











8月11日:晴れ
薄く広がっていた夜明けに連れて目立たなくなり、朝日は眩しくって直視できませんでした。

猛暑日ですが、甲子園はなんのその、大熱戦。今年は各試合とも優劣つけがたい好ゲームが多いですね。どっちも勝て!。なんてこちらは無責任〜!?。


















昼下がり





8月10日:晴れ
まだ熱中症の症状から脱出?出来ません。
もう一日休息で過ごしましょう。





水槽は出来ました。











8月09日:晴れ
晴れ〜だけど薄雲が広がっていて日差しはぼやけて来ます。
第二便で帰島したのですが、なんだか体がだるくって・・・。

とうとう更新をさぼりました。ひょっとして熱中症〜?!。
施設内と車中との温度差が大きくって疲れてしまって〜、特に7日、眼科の患者さんが多くって、診察時間を午後に変更してもらって、その間に家内の実家の墓参りに回ったのだけど、これがめちゃ暑くって、トホトホト・・・・。

8月06日:雨のち 晴れ
a.m4:00天気を見に海岸通りに立ったら、大粒の雨がパラパラ・・・、慌てて家内へ。
コンピュータからリアルに情報が入ってくる昨今、お天気談義で花咲くことが少なくなり、下(しも)からの雲が〜、皇座山から〜、山路を張ってきた〜・・・・、古老の話を聞く楽しみが無くなって久しいですね。子どもの頃に、遠足や運動会の天気を聞いて回ったり、あのじいちゃんの天気は良く当たるとか、また正反対の予報に戸惑ったことも懐かしいですね。

警報が出たら、定期船は自粛なのでしょうが、昨日、好天なのに台風準備で汗をかいて、ちょっぴり熱中症らしき症状に戸惑って思考力低下?らしき体験が、今は反省材料。
昨夕出ていれば、今頃はノンビリ寝ていても良いものを、海の様子を見てはヤキモキ。
先程は大型船が通過〜って言っても、強風高波の予報には関係なし。

オッと、ボヤいてないで出かけるしたくはしておきましょう。
よく見れば東の空いっぱい、重い雨雲の固まりが広がっています。強雨〜?!。

光・周南市:a.m5:12



山惣津に雲はかかっていません。

8月05日:晴れ
「何時から風波が高まるのか〜?!」朝から、いや昨日から幾度と無く繰り返された自答自問でした。が、????。そして夕方、定期船の三便が帰る頃から穏やかだった海面がやっと変化を見せて来てチラホラと白波が・・・。

明日は家内の通院日なので室津に渡っておこうと思いつつ、変わらぬ天候、何となくだらしい体調に決断が鈍ってボンヤリ〜。p.m4:00頃には台風だというのに雲が無い、風も無いとは〜空の写真を撮って、ふと海を見たら北東風の波立った様にアレ〜でした。それでも動きたくなくなってしまった身体にスイッチがONに為らなくって、第三便を無意識に見送ってしまいました。
明朝一便は動くだろうから〜、と虫の良いこと思いながら・・・・。

東の空見たら、何時の間にやら怪しい雲が広がってました。><;)
北東の皇座山からも怪しい雲が湧き出ています。ん〜〜!


a.m5:30


a.m6:00








a.m6:30


p..m3:00


p.m3:00


p.m4:00


p.m5:00




8月04日:晴れ
タコツボを引き上げに出たのですが、いささかバテました。11時ごろには引き上げる予定だったのですが、得意のついでで〜。飲料水500では不足、大変でした。









8月03日:夕暮れ前
突如巨体を現しました。














配置完了かな?

8月03日:晴れ
今年最高の猛暑日だ。熱中症にくれぐれもご注意を〜。
猛暑を避けるには冷房を効かした部屋でノンビリと〜世界一勤勉なニッポン国民にNHKが’堂々と呼びかける昨今、まぁそれに便乗して、更新に取り組みながら三時間ばかり、居眠りをしながらの体(てい)たらく〜低体落(ていたらく)かと辞書を引いたら〜では、自慢になりませんネ。

突如、台風が直撃しそうなコースで出現。アナゴカゴ新調したのだけど、意気込みが削がれてしまって一寸意気消沈、どうしましょう〜〜。
自船で室津に行ってたので10時頃帰島したのだけど、部屋に入ったら、ヒンヤリしてエアコンがオンしてる。消して出かけたつもりだったので、ヤレヤレ〜のお粗末でした。











福正丸が帰港したら、二便が」出港。



8月01日:晴れ
猛暑が続いています。
もろに暑さを体験しています。
第一便で出かけます。













2019年(平成31年)07月31日までの出来事は「あしあと」でご覧下さい。
 
現在、瀬戸内海を見渡した時、かつてこの下に、大草原や湖があってマンモスゾウのファミリーが悠々と闊歩していたという話、にわかには信じがたいかもしれません。氷河期から暖期へと悠久の時が流れ、いつしか草原が海となり、高い山々の一部が島となって、多島美を誇る瀬戸内海を形成しました。
 やがて、黒潮が豊かな自然の恵みを運び、素晴らしい大自然を私どもに提供してくれました。この良き環境を後世に伝承することは、今を生きる私どもの大きな責務だと思います。
 この祝島も、貴重な遺産の一つ。今一度島内を巡り、祝島を写真で順次紹介してまいりたいと、ホームページを開きました。
(橋部 好明)

アイコン
今月のフォト フォトギャラリー お話あれこれ
更新2012/03/24 更新2006/08/08

〜祝島への想いを共有しませんか、コメントはメールで〜

あしあと 花の写真集 Eメール
更新2019/07/31
(祝島不在時の画が時々抜けています。)
2016年(平成28年)
更新2016/6/18

リンク: 「祝島ホームページ」 
           おらがホームページ(多趣多芸の木村先生の日記は面白い) 
                      祝島市場ホームページ(特産物関連のニュースも沢山)
        
         

 
実況天気図
山口の雨雲の動き(レーダー)